【おやつレシピ】ほうじ茶プリン

MYEの茶葉を焙じて作ったほうじ茶の風味をミルクにうつして、やさしい甘さのプリンを作りました。砂糖とゼラチンを加えて冷やすだけのお手軽レシピで、量にもよりますが1時間程度で固まるため思い立った時に気軽に作ることができます。

肌寒い夜、ブランケットにくるまりながらひんやりスイーツを食べるのもまた、寒い季節の楽しみですよね。ぜひお試しください。

【用意するもの】(直径7cm程度のココット皿2つ分)

茶葉(焙じたもの) 10g
牛乳 250ml
粉ゼラチン 5g
水(ふやかす用) 大さじ1
砂糖 大さじ2

このレシピにおすすめの茶葉

グレートミーティング

焙じることによって生まれる茶葉の甘みと牛乳との相性が抜群です。

【作り方】
①小さいボウルに水を入れてゼラチンをふり入れ、ふやかしておく。(10分程度)
②茶葉を焙じ器に入れ、香りが立ち、少しこげ茶色になるまで炒り、市販のお茶パックに入れる。

↑ブログ記事に遷移します。


③鍋に牛乳、ほうじ茶のパックを入れて中火で7分加熱し、煮出す。
④お茶パックをヘラなどで絞ってから取り出す。砂糖を入れて溶かし、沸騰直前に火から下ろす。
⑤①を入れてかき混ぜ、ゼラチンをよく溶かす。

⑥ゼラチンが溶けたらココット皿に注ぐ。ふんわりとラップをかけて粗熱を取り、冷蔵庫で固まるまで1時間程度冷やし固める。

You May Also Like
Read More

【茶のごはんレシピ】煎茶のミューズリー

ミューズリーとは、もともとスイス人の医師によって開発された療養食です。一般的には麦やナッツ、果物、牛乳、ヨーグルトなどを混ぜて作られます。加糖してオーブンで焼いて作るグラノーラと違い、生の状態で食べるため独特の素朴さがあ…
Read More
Read More

【冬の朝ごはんレシピ】さらさら優しい茶粥

自分好みの焙じ具合で作るほうじ茶を楽しんだあとには、さらさらとおいしい茶粥はいかがでしょうか。 奈良県をはじめとする近畿地方で昔から朝食によく食べられている茶粥は、素朴で滋味深い味わいで、やさしく身体をあたためてくれるメ…
Read More