【茶のおやつレシピ】煎茶と餡子のマフィン

「古代の茶麦粉」を使った朝食やおやつにぴったりのマフィン。爽やかな煎茶の香りが小麦と餡子の優しい味にマッチします。

材料<マフィン4個分>

  • 古代の茶麦粉 100g
  • 卵 1個
  • 砂糖 70g
  • バター 70g
  • ベーキングパウダー 3g
  • ねりあん 約120g

作り方

  1. 茶麦粉とベーキングパウダーをあわせてふるっておく。
  2. 卵を泡立て器で泡立てる。砂糖を2,3回に分けていれ、その都度泡立てる。そのままもったりとしてくるまで泡立てる。
  3. 1を2に入れて、さっくり混ぜ合わせる。
  4. レンジ、もしくは湯煎で溶かしたバターを③に入れて混ぜる。
  5. マフィン型に流し入れる。このとき、型の3分の1程度まで入れたところで1個あたり大さじ2のねりあんを入れ、その上にまた生地を流し入れる。180度に予熱したオーブンで20〜30分焼く。
You May Also Like
Read More

【茶のごはんレシピ】煎茶のミューズリー

ミューズリーとは、もともとスイス人の医師によって開発された療養食です。一般的には麦やナッツ、果物、牛乳、ヨーグルトなどを混ぜて作られます。加糖してオーブンで焼いて作るグラノーラと違い、生の状態で食べるため独特の素朴さがあ…
Read More